ポケットWiFiのプロバイダを適切に選ぶには

未分類

ポケットWiFiは光回線のような回線工事が必要なく手軽に利用できるのが魅力的です。

ポケットWiFiを利用する場合にはプロバイダを選ぶことになりますが、たくさんの事業者があり契約先で悩む場合も多いでしょう。

プロバイダごとに料金プランや違約金などが異なり、通信費に差が出てくるので安易に契約するのはやめてください。

 

プロバイダとは

プロバイダとはインターネットへの接続サービスを行う電気通信事業者のことです。

回線業者と勘違いする場合もありますが、全く別のものです。

回線事業者が引いたインターネット回線があるだけではインターネットを利用することができず、プロバイダとの契約をすることでその通信回線を通してネット通信ができるようになります。

自宅で固定回線を契約している場合、回線事業者とプロバイダを契約して利用している場合が多いでしょう。

例えるなら、回線事業者が道路を作り、プロバイダが情報を乗せた車やバスを走らせるといった役割を持っています。

 

MVNOとMNOの違い

近年格安スマホの普及によりMVNOという単語を耳にする機会が増えました。

MVNOとは仮想移動体通信事業者を指していて、自社で回線を持たずに他社から借りた回線でサービスを提供するプロバイダのことです。

一方でMNOとは移動体通信事業者を指していて、自社の通信回線を利用してサービスを提供するのが特徴です。

いわば回線事業者がプロバイダとしての役割も担っているのです。

 

ポケットWiFiをプロバイダで契約するメリット・デメリット

WiMAXのポケットWiFiを利用する場合、MNOであるUQ WiMAXを選べば別でプロバイダ契約する必要はありません。

しかしWiMAXの本家であるUQ WiMAXで契約するよりも、MVNOにあたるプロバイダで契約したほうがメリットは大きいのです。

メリット

ポケットWiFiをプロバイダで契約するメリットをまとめました。

  • 安い料金で利用できる
  • 端末代金無料の場合がほとんど
  • 回線事業者と同じ通信品質でネットを楽しめる
  • 申し込みも解約もプロバイダだけで手続きできる

プロバイダで契約する一番のメリットは料金の安さです。

特にWiMAXプロバイダではキャンペーンやキャッシュバックなど、各社独自のサービスでお得に利用できるプランを提案しています。

プロバイダだと通信速度が遅くなるのではという心配もあるかもしれませんが、そういったことはありません。

なぜならすべてWiMAXサービスの提供元であるUQコミュニケーションズから回線を借りているので、通信速度が劣る、サービスエリアが狭くなるなどということはないのです。

同じ通信品質でネットを楽しめるなら安いほうがありがたいですよね。

こういったメリットが多いためプロバイダで契約するほうがおすすめです。

 

デメリット

プロバイダで契約するデメリットは特にありませんが、あえて挙げるとしたら端末のラインナップが少ないことでしょう。

たとえばUQ WiMAXでは2018年3月現在、5種類のポケットWiFiを申し込みできますが、WiMAXプロバイダによっては2種類からしか選べないという場合もあります。

しかしUQ WiMAXで選べる端末が多くても、発売されて数年経過していて通信速度が遅いなどスペックが低いものも含まれています。

ポケットWiFiは技術の進歩がとても速く、2年も経てばもっと速度が速く、バッテリーの持ちが良い機種が発売されているため、あえて1つや2つ前の技術しか使えない古い端末を選ぶ理由はないでしょう。

ほとんどのプロバイダで最新機種を含め発売されて間もないポケットWiFiを取り扱いしているため、端末のラインナップが少なくても支障はありません。

好んで古い端末を選びたいという場合にはUQ WiMAXは魅力的ですが、プロバイダで最新機種を選ぶほうがストレスのないネット環境を手にできるのは明確です。

 

ポケットWiFiプロバイダを徹底比較

プロバイダで契約するメリットはわかったけれど、プロバイダも数多くあるのでそこから選ぶのが大変という場合もあるでしょう。

一部のプロバイダをピックアップしたので参考にしてください。

LTE系のプロバイダ

幅広いサービスエリアが魅力のLTE通信を利用できるプロバイダをまとめました。

 

プロバイダ名 月間通信容量 月額料金 契約期間 契約解除料
ワイモバイル 5GB 2,480円 3年 9,500円
7GB(アドバンスモードにより無制限) 3,696円~4,380円
Yahoo!WiFi 5GB 3,696円(Yahoo!プレミアム会員なら12ヶ月間1,980円、13ヶ月目以降2,480円) 3年 38,880円~9,500円(利用期間により異なる)
7GB(アドバンスモードにより無制限) 3,696円(アドバンスオプション利用時4,380円)

 

ワイモバイルもYahoo!Wi-Fiも月額料金の設定はほぼ差がありませんが、Yahoo!プレミアム会員ならYahoo!Wi-Fiのほうがお得です。

ただし途中解約時の契約解除料はワイモバイルのほうが安いため、3年間継続して利用する自信がないのであればワイモバイルを選んだほうが安心ですね。

 

WiMAX系のプロバイダ

最大速度708Mbpsという高速通信が魅力のWiMAX通信を利用できるプロバイダをまとめました。

プロバイダ名 月間通信容量 月額料金 特典 契約期間 契約解除料(更新月を除く)
Broad WiMAX 7GB 24ヶ月目まで2,726円

25ヶ月目以降3,326円

Web割キャンペーンで初期費用18,857円無料 3年 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 2ヶ月目まで2,726円

3~24ヶ月目まで3,411円

25ヶ月目以降4,011円

GMOとくとくBB 7GB 3,609円 28,400~36,000円の現金キャッシュバック(契約プランにより異なる) 2年または3年(端末により異なる) 利用期間24ヶ月以内24,800円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 2ヶ月目まで3,609円

3ヶ月目以降4,263円

カシモWiMAX

※最安級プラン

7GB 初月無料

1ヶ月目1,380円

2~24ヶ月目2,680円

25ヶ月目以降3,379円

無し 2年 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 初月無料

1~2ヶ月目1,380円

3~24ヶ月目3,380円

25ヶ月目以降4,079円

BIGLOBE WiMAX

※キャッシュバック特典プラン

7GB 3,695円 20,000円~23,000円の現金キャッシュバック(端末により異なる)

 

2年または3年(契約プランにより異なる) 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 2ヶ月目まで3,695円

3ヶ月目以降4,380円

3 WiMAX

※プレミアムプラン

7GB 2ヶ月目まで1,970円

3~24ヶ月目まで2,860円

25ヶ月目以降3,360円

2年経過後、最新端末プレゼントまたは他回線乗り換え保証 4年 24ヶ月以内19,000円

25~48ヶ月目まで14,000円

50ヶ月目以降9,500円

無制限 2ヶ月目まで1,970円

3~24ヶ月目まで3,495円

25ヶ月目以降3,995円

@nifty WiMAX 7GB 初月無料

2ヶ月目以降3,420円

無し 2年 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 初月無料

翌月から2ヶ月目間3,420円

4ヶ月目以降4,100円

So-net WiMAX

※キャッシュバック特典プラン

7GB 初月無料

1~36ヶ月目3,595円

37ヶ月目以降3,495円

40,700円現金キャッシュバック 3年 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 初月無料

翌月以降4,179円

DTI WiMAX 7GB 3,500円 DTI Club Off会員サービスを利用可能 2年または3年 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 3年プランの場合1~3ヶ月目2,590円

4ヶ月目以降3,760円/2年プランの場合1~3ヶ月目3,500円

4ヶ月目以降4,300円

 

WiMAX系のプロバイダは様々な特典を実施しているのが魅力的ですね。

月額料金やプラン内容、最低利用期間もそれぞれ異なるので、自分に合った特典内容や契約方法があるプロバイダを選ぶと良いでしょう。

契約解除料に関しては、GMOとくとくBBと3WiMAXのプレミアムプランを契約する場合だけ他社と異なるので特に注意してください。

 

LTE系とWiMAX系どちらを選ぶべきなのか

LTE系とWiMAX系は通信方式やサービスエリアが基本的に異なります。

どんな場合にはどちらを選ぶべきかをまとめました。

LTE系がおすすめな場合

LTE系のポケットWiFiがおすすめなのは以下2点に当てはまるユーザーです。

  • 自宅などよくネットを利用する場所がWiMAX2+のサービスエリア外でLTEの対応エリア内である
  • 月間データ量5GB以下で十分足りる

 

ポケットWiFiはサービスエリア外だとネットに接続できないので、自宅などがWiMAXの提供エリア外ならLTE系のほうがおすすめです。

WiMAXのエリア内であっても、データ量が5GB以下のライトユーザーなら、WiMAXよりもワイモバイルを選ぶ方が安く済みます。

WiMAX系がおすすめな場合

WiMAX系のポケットWiFiがおすすめなのは以下4点に当てはまるユーザーです。

  • 自宅などよくネットを利用する場所がWiMAX2+のサービスエリア内である
  • 月間データ量5GB以上必要なユーザー
  • 月間データ量を気にすることなく無制限で使いたい
  • 高速通信でネット通信を楽しみたい

まず前提としてWiMAX2+のエリア内であることが挙げられます。

WiMAX系のポケットWiFiでもLTE対応機種であれば、au 4G LTEによる通信は可能なのでWiMAX2+のエリア外でもネットを利用することはできます。

ただし注意点として契約期間によってはオプション料金がかかったり、月間通信量無制限のギガ放題プランでもLTE通信時は上限7GB制限がかかったりします。

 

WiMAXの魅力は高速通信がギガ放題プランならデータ量上限なしで利用できる点なので、ヘビーユーザーはもちろん、データ量の上限を超えて通信制限にかかるのがストレスという場合にもおすすめです。

 

まとめ

プロバイダとはインターネット接続サービスに欠かせない事業者のことで、光回線同様にポケットWiFiでもプロバイダとの契約は必要です。

回線事業者がプロバイダとしての役割を担っているMNOもありますが、ポケットWiFi契約時にはMVNOでインターネット契約をしたほうがメリットは大きいです。

LTE系とWiMAX系どちらのポケットWiFiを選ぶかによってプロバイダも異なりますが、WiMAXのほうが高額キャッシュバックなどのキャンペーン特典が豊富なのでお得に利用したい場合にはおすすめです。

自宅がWiMAX2+の通信エリア内であるかどうかを確認して、料金プランや特典を比較し自分に合ったポケットWiFiプロバイダを選びましょう。