安いポケットWiFiはタブレットに最適

ポケットWiFiの料金は、エリアの広さや使いやすさ、そして使えるデータ容量の多さにも依存します。

大まかな傾向として、月間データ量の上限が低いポケットWiFiは月額料金が安いです。

例えばワイモバイルの場合、上限5GBの「Pocket WiFiプラン2ライト」と上限7GBの「Pocket WiFiプラン2」に容量無制限にするためのアドバンスオプションを付帯した場合とでは、前者が月額2,480円、後者が4,380円と大きく異なります。

容量が大きければ大きいほど良い気がするかもしれませんが、データ容量が低いプランと無制限のプランではそもそも利用目的が違うことに注意しましょう。

データ容量が低いけれども安いポケットWiFiの使いみちは、スマホのテザリングを使いたくないとき、またタブレットを持ち歩くのにそれ用の回線が欲しいときにあります。

テザリングは通常スマホでネットをするよりデータ量を多く消費しますし、バッテリーにも負担をかけます。

そのため、普段の通信はスマホで行うけれどタブレットで通信することがあるのならばポケットWiFiを持っていたほうがよいでしょう。

セルラー型のタブレットにSIMカードを挿すより使いやすいですし、スマホのデータ量を使いすぎたときの保険としても持っておけます。

スマホでの通信のほうが多い傾向にあるならば、無理にデータ利用量無制限のポケットWiFiを持つよりは上限があっても安いポケットWiFiを契約するのが賢い選択です。

無制限のポケットWiFiは完全使い放題でないことに注意

ポケットWiFiの中には月間データ利用量の上限がないプランを設定しているプロバイダがあります。

消費量の上限がないというと制限なくどれだけでも使えるイメージを持ちがちですが、実は完全無制限ではありません。

月間データ利用量の上限がないプランがあるのはワイモバイルとYahoo! Wi-Fi、そしてWiMAX回線を利用するポケットWiFiのプロバイダですが、このいずれも無条件で無制限で使えるわけではないのです。

直近3日間で10GBを超えて利用したとき、ワイモバイルとYahoo! Wi-Fiでは翌日18時から翌々日1時まで、WiMAXの各プロバイダでは翌日18時から翌々日2時まで最大通信速度が1Mbpsに抑えられます。

この通信速度では高画質の動画を見ることは難しくなるものの、ネットサーフィンやショッピング程度ならば少し重く感じる程度で支障はありません。

それでも日頃からAmazonプライム・ビデオやDAZNで映画やスポーツを楽しんだり、音楽ストリーミングサービスを常に利用していたりすると通信速度制限にかかることがあります。

しかし通信速度制限は常にかかっているわけではないので、制限がかからない深夜から日中にのみ使うのならば実質的には完全無制限と同じになります。

つまり、無制限のポケットWiFiは完全使い放題でないとはいえ、通信速度制限とうまく付き合えば完全無制限に近づけることができる可能性があるといえるでしょう。

ポケットWiFiの解約手続きと違約金対策

WiMAXに限らずポケットWiFiは2年または3年の契約が主流なため、契約期間を満了せず解約する場合には契約解除料が高くつく傾向があります。

新規契約時にキャンペーンを適用して大幅にお得に使っている場合には特に、キャンペーン違約金と称して他のプロバイダより高い違約金を設定しているプロバイダもありますので注意しましょう。

ポケットWiFiを解約する場合、手続きはプロバイダによって違います。

抑えておくべきポイントは、

  • どこで解約できるか(インターネット、電話、郵送、店頭)
  • 解約の締め日はあるか(20日、25日、末日)
  • 月末解約か即日解約か
  • 違約金の金額

の4つです。

どこで解約できるか

オンラインで契約できるプロバイダの場合、解約はマイページまたは電話での受付になることが多いです。

ただ注意しなければならないのは家電量販店で契約した場合で、店頭に出向かないといけないところと店頭ではできず書類を送らなければならないところがあります。

解約手続きの締め日

解約金を払わなければいけなくなるか否かがかかっているので、締め日を把握するのは最も必要です。

例えばGMOとくとくBBの場合、締め日は毎月20日に設定されていますから、当月に解約したければ20日までに連絡しなければ翌日の扱いになります。

契約更新月といえど、うっかり25日に手続きすると解約金がかかる羽目になりますので注意しましょう。

月末解約か即日解約か

手続きした日に解約になるか、それとも月末に解約したことになるかもポケットWiFiによって違います。

月末まで使いたかったのに即日解約になってしまうと不便ですから、必要に応じて確認しましょう。

違約金の金額

契約してから経過した月数に応じて変化します。

とくに家電量販店でおまとめプランを利用している場合は毎月契約解除料が変わってきますので、解約する際に解除料がいくらになるか必ず確認しましょう。

このように、解約手続きの前には知っておかねばならないことがたくさんあります。

事前のリサーチが極めて重要です。

ポケットWiFiのメリット・デメリット

無線のインターネット回線として話題のポケットWiFiですが、様々なメリットやデメリットがあることをご存知でしょうか?

今回、ポケットWiFiのメリットについてまとめました。

どこでも高速インターネット

ポケットWiFiはモバイルインターネット端末なので、持ち運べばどこでもインターネットを利用することができます。

中でもWiMAXは通信速度がモバイル回線としては最速の下り最大708Mbps。

出先でも快適にインターネットを楽しむことができますよ。

月額料金が安い

WiMAXの利用料金は比較的安く設定されています。

本回線のUQ WiMAXの場合、月間データ容量が使い放題のギガ放題プランで月額4,380円、月間通信容量が7GBまでのプランですと月額3,696円に設定されています。

さらにauスマホユーザーならばauスマートバリューmineが適用されさらにお得に。

固定回線などに比べると安価な料金で高速インターネットが利用できます。

工事がいらない

固定回線の場合、開通のための宅内工事などが必要になりますがポケットWiFiならば工事は不要です。

さらに引っ越しの際にも手続き不要でポケットWiFiを利用し続けることができますよ。

ポケットWiFiの中でもWiMAXがおすすめな点とはどこか

これから自宅のインターネット回線をどうしようかと迷っている人もいるかと思います。

ですが実際に自宅のインターネット回線を決めようと思った時に困るのが固定回線を自宅に引くのが嫌というのがあります。

特にその傾向があるのが一戸建てに住んでいる場合にそういう事があります。

なぜなら一戸建てに住んでいる場合はアパートやマンションに住んでいる時とは違って1から工事をしないといけないのでその工事費だけでで結構な金額になるからです。

またそれだけ工事費用を出して固定回線を引いたにもかかわらずそのプロバイダに不満を感じる事もあります。

なので最初から全く工事不要で自宅でインターネットが使える方法がないか探した時に何があるかという事ですがおすすめはポケットWiFiになります。

ポケットWiFiなら工事が一切不要で申し込んでから2,3日ですぐにネットが使えるようになる上にほぼ使い放題の状態でネットが使えるというのが良いです。

また速度もそこそこ出るので動画をよく見るという人も問題なく見れるというのがあります。

なので固定回線を引きたくないと思っている人にとってはポケットWiFiはかなり良いというのはあります。

また固定回線でなくてもそこそこ速度が出る点でもポケットWiFiはかなりおすすめです。

ポケットWiFiとWiMAX2+を併用するには

ポケットWiFiは、スマートフォンなどで使われているLTEを活用してインターネットに接続する事が出来るモバイルインターネットサービスです。

複数台のWi-Fi機器を接続する事が出来ますので、Wi-Fi機器を常に使うという人々にとっては最適です。

しかし、ポケットWi-FiはLTEを回線として使っていますので、フルスピードでインターネットを使う為の容量制限が存在します。

契約したプラン毎に違いますが、その容量を突破しますと速度が大幅に制限されます。

WiMAX2+はLTEベースのポケットWi-Fiと比較しますと容量超過による速度制限はほぼありませんが、3日で10GBを超えますと、18時から翌日2時まで速度制限が実施されますので注意が必要です。

WiMAX2+はLTEよりもサービスエリアが狭いですが、サービスエリア内であれば、モバイル回線としては高速であり、動画視聴やオンラインサービスの利用といった事に活用する事が出来ます。

対応モバイルルーターは、LTEにもオプションで対応しているモデルや据え置きモデルなどが存在しており、ユーザーの用途に応じたモデルがありますので、自宅のネット回線として使うのであれば据え置きモデルを購入し、外出先のネット回線として使うのであればモバイルルーターを購入した方が良いです。

ポケットWiFiとWiMAX2+は別々に契約する事で併用する事も可能ですので、通信状況に応じて使い分けるのも良い方法です。

人気のポケットWiFiルーター「WiMAX」で超高速通信を楽しんで!

WiMAXとは、UQコミュニケーションズ社が発売しているポケットWiFiルーターのことを言います。

家でも外でも安定した通信速度を保てるのでインターネットを快適に楽しむことができます。

WiMAX1台でパソコンからタブレット、iphoneなど複数の機器を同時に利用できます。

WiMAXシリーズは「W05」「WX04 」「W04」「WX03」「 W03」「W02」「WX02」が発売されており、他社のポケットWiFiルーターと比べても月額料金は安く、プランによってデータ容量は無制限、速度制限もかからないため人気の製品となっています。

料金は、通常プランが3,670円でギガ放題プランが4,380円となっています。割引サービスやキャンペーンなども行っているのでよりお得に利用することもできます。

ギガ放題プランでは、エリアは多少狭くなるが高速通信が無制限なので月に7GB以上利用したい方にはおすすめだと思います。

通常プランでは、高速電波の届かない広いエリアでも通信が可能で月7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります。

最新の「W05」では下り最大708Mbpsまで対応と超高速通信で動画再生やアプリのダウンロードもラクラク楽しめます。

使ってみると思った以上に便利なポケットWiFi

ポケットWiFiはどんなものかよくわからなくて敬遠する人も少なくはありません。

難しく説明せずわかりやすく言うと、これを持っているとネット環境が利用できるという事です。

自分がどこにいてもポケットWiFiを持っていれば携帯、パソコンのインターネットが利用できるのでネット環境がある場所だけでなく自由に使えるのが魅力です。

そんなポケットWiFiですが色んなメーカーから出ています。

その中でもUQコミュニケーションズ社が販売しているUQ WiMAXというモバイルWi-Fiルーターがありますが非常に性能が高いものです。

特に山の中とか地下に住んでるとかでは無ければほとんど普通に使えます。

また家のパソコンのネット環境もこれと一緒にしてしまえば家のネット料金をこれ一台にでき、携帯のパケ量も抑えれるので携帯料金もおのずと抑えることが出来ます。

3日で7ギガ以上使わなければ速度規制も起こらないのでよほど毎日長時間動画を見たりダウンロードしまくらない限り何も不便なく利用することが出来ます。

スピードも速いので遅くてイライラするとかは特になく、一台持っているだけで10台分は賄えるので家族で一緒に使ってもいいのでファミリーにもおすすめです。

ポケットWiFiのプロバイダを適切に選ぶには

ポケットWiFiは光回線のような回線工事が必要なく手軽に利用できるのが魅力的です。

ポケットWiFiを利用する場合にはプロバイダを選ぶことになりますが、たくさんの事業者があり契約先で悩む場合も多いでしょう。

プロバイダごとに料金プランや違約金などが異なり、通信費に差が出てくるので安易に契約するのはやめてください。

 

プロバイダとは

プロバイダとはインターネットへの接続サービスを行う電気通信事業者のことです。

回線業者と勘違いする場合もありますが、全く別のものです。

回線事業者が引いたインターネット回線があるだけではインターネットを利用することができず、プロバイダとの契約をすることでその通信回線を通してネット通信ができるようになります。

自宅で固定回線を契約している場合、回線事業者とプロバイダを契約して利用している場合が多いでしょう。

例えるなら、回線事業者が道路を作り、プロバイダが情報を乗せた車やバスを走らせるといった役割を持っています。

 

MVNOとMNOの違い

近年格安スマホの普及によりMVNOという単語を耳にする機会が増えました。

MVNOとは仮想移動体通信事業者を指していて、自社で回線を持たずに他社から借りた回線でサービスを提供するプロバイダのことです。

一方でMNOとは移動体通信事業者を指していて、自社の通信回線を利用してサービスを提供するのが特徴です。

いわば回線事業者がプロバイダとしての役割も担っているのです。

 

ポケットWiFiをプロバイダで契約するメリット・デメリット

WiMAXのポケットWiFiを利用する場合、MNOであるUQ WiMAXを選べば別でプロバイダ契約する必要はありません。

しかしWiMAXの本家であるUQ WiMAXで契約するよりも、MVNOにあたるプロバイダで契約したほうがメリットは大きいのです。

メリット

ポケットWiFiをプロバイダで契約するメリットをまとめました。

  • 安い料金で利用できる
  • 端末代金無料の場合がほとんど
  • 回線事業者と同じ通信品質でネットを楽しめる
  • 申し込みも解約もプロバイダだけで手続きできる

プロバイダで契約する一番のメリットは料金の安さです。

特にWiMAXプロバイダではキャンペーンやキャッシュバックなど、各社独自のサービスでお得に利用できるプランを提案しています。

プロバイダだと通信速度が遅くなるのではという心配もあるかもしれませんが、そういったことはありません。

なぜならすべてWiMAXサービスの提供元であるUQコミュニケーションズから回線を借りているので、通信速度が劣る、サービスエリアが狭くなるなどということはないのです。

同じ通信品質でネットを楽しめるなら安いほうがありがたいですよね。

こういったメリットが多いためプロバイダで契約するほうがおすすめです。

 

デメリット

プロバイダで契約するデメリットは特にありませんが、あえて挙げるとしたら端末のラインナップが少ないことでしょう。

たとえばUQ WiMAXでは2018年3月現在、5種類のポケットWiFiを申し込みできますが、WiMAXプロバイダによっては2種類からしか選べないという場合もあります。

しかしUQ WiMAXで選べる端末が多くても、発売されて数年経過していて通信速度が遅いなどスペックが低いものも含まれています。

ポケットWiFiは技術の進歩がとても速く、2年も経てばもっと速度が速く、バッテリーの持ちが良い機種が発売されているため、あえて1つや2つ前の技術しか使えない古い端末を選ぶ理由はないでしょう。

ほとんどのプロバイダで最新機種を含め発売されて間もないポケットWiFiを取り扱いしているため、端末のラインナップが少なくても支障はありません。

好んで古い端末を選びたいという場合にはUQ WiMAXは魅力的ですが、プロバイダで最新機種を選ぶほうがストレスのないネット環境を手にできるのは明確です。

 

ポケットWiFiプロバイダを徹底比較

プロバイダで契約するメリットはわかったけれど、プロバイダも数多くあるのでそこから選ぶのが大変という場合もあるでしょう。

一部のプロバイダをピックアップしたので参考にしてください。

LTE系のプロバイダ

幅広いサービスエリアが魅力のLTE通信を利用できるプロバイダをまとめました。

 

プロバイダ名 月間通信容量 月額料金 契約期間 契約解除料
ワイモバイル 5GB 2,480円 3年 9,500円
7GB(アドバンスモードにより無制限) 3,696円~4,380円
Yahoo!WiFi 5GB 3,696円(Yahoo!プレミアム会員なら12ヶ月間1,980円、13ヶ月目以降2,480円) 3年 38,880円~9,500円(利用期間により異なる)
7GB(アドバンスモードにより無制限) 3,696円(アドバンスオプション利用時4,380円)

 

ワイモバイルもYahoo!Wi-Fiも月額料金の設定はほぼ差がありませんが、Yahoo!プレミアム会員ならYahoo!Wi-Fiのほうがお得です。

ただし途中解約時の契約解除料はワイモバイルのほうが安いため、3年間継続して利用する自信がないのであればワイモバイルを選んだほうが安心ですね。

 

WiMAX系のプロバイダ

最大速度708Mbpsという高速通信が魅力のWiMAX通信を利用できるプロバイダをまとめました。

プロバイダ名 月間通信容量 月額料金 特典 契約期間 契約解除料(更新月を除く)
Broad WiMAX 7GB 24ヶ月目まで2,726円

25ヶ月目以降3,326円

Web割キャンペーンで初期費用18,857円無料 3年 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 2ヶ月目まで2,726円

3~24ヶ月目まで3,411円

25ヶ月目以降4,011円

GMOとくとくBB 7GB 3,609円 28,400~36,000円の現金キャッシュバック(契約プランにより異なる) 2年または3年(端末により異なる) 利用期間24ヶ月以内24,800円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 2ヶ月目まで3,609円

3ヶ月目以降4,263円

カシモWiMAX

※最安級プラン

7GB 初月無料

1ヶ月目1,380円

2~24ヶ月目2,680円

25ヶ月目以降3,379円

無し 2年 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 初月無料

1~2ヶ月目1,380円

3~24ヶ月目3,380円

25ヶ月目以降4,079円

BIGLOBE WiMAX

※キャッシュバック特典プラン

7GB 3,695円 20,000円~23,000円の現金キャッシュバック(端末により異なる)

 

2年または3年(契約プランにより異なる) 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 2ヶ月目まで3,695円

3ヶ月目以降4,380円

3 WiMAX

※プレミアムプラン

7GB 2ヶ月目まで1,970円

3~24ヶ月目まで2,860円

25ヶ月目以降3,360円

2年経過後、最新端末プレゼントまたは他回線乗り換え保証 4年 24ヶ月以内19,000円

25~48ヶ月目まで14,000円

50ヶ月目以降9,500円

無制限 2ヶ月目まで1,970円

3~24ヶ月目まで3,495円

25ヶ月目以降3,995円

@nifty WiMAX 7GB 初月無料

2ヶ月目以降3,420円

無し 2年 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 初月無料

翌月から2ヶ月目間3,420円

4ヶ月目以降4,100円

So-net WiMAX

※キャッシュバック特典プラン

7GB 初月無料

1~36ヶ月目3,595円

37ヶ月目以降3,495円

40,700円現金キャッシュバック 3年 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 初月無料

翌月以降4,179円

DTI WiMAX 7GB 3,500円 DTI Club Off会員サービスを利用可能 2年または3年 利用期間12ヶ月目以内19,000円

13~24ヶ月目以内14,000円

25ヶ月目以降9,500円

無制限 3年プランの場合1~3ヶ月目2,590円

4ヶ月目以降3,760円/2年プランの場合1~3ヶ月目3,500円

4ヶ月目以降4,300円

 

WiMAX系のプロバイダは様々な特典を実施しているのが魅力的ですね。

月額料金やプラン内容、最低利用期間もそれぞれ異なるので、自分に合った特典内容や契約方法があるプロバイダを選ぶと良いでしょう。

契約解除料に関しては、GMOとくとくBBと3WiMAXのプレミアムプランを契約する場合だけ他社と異なるので特に注意してください。

 

LTE系とWiMAX系どちらを選ぶべきなのか

LTE系とWiMAX系は通信方式やサービスエリアが基本的に異なります。

どんな場合にはどちらを選ぶべきかをまとめました。

LTE系がおすすめな場合

LTE系のポケットWiFiがおすすめなのは以下2点に当てはまるユーザーです。

  • 自宅などよくネットを利用する場所がWiMAX2+のサービスエリア外でLTEの対応エリア内である
  • 月間データ量5GB以下で十分足りる

 

ポケットWiFiはサービスエリア外だとネットに接続できないので、自宅などがWiMAXの提供エリア外ならLTE系のほうがおすすめです。

WiMAXのエリア内であっても、データ量が5GB以下のライトユーザーなら、WiMAXよりもワイモバイルを選ぶ方が安く済みます。

WiMAX系がおすすめな場合

WiMAX系のポケットWiFiがおすすめなのは以下4点に当てはまるユーザーです。

  • 自宅などよくネットを利用する場所がWiMAX2+のサービスエリア内である
  • 月間データ量5GB以上必要なユーザー
  • 月間データ量を気にすることなく無制限で使いたい
  • 高速通信でネット通信を楽しみたい

まず前提としてWiMAX2+のエリア内であることが挙げられます。

WiMAX系のポケットWiFiでもLTE対応機種であれば、au 4G LTEによる通信は可能なのでWiMAX2+のエリア外でもネットを利用することはできます。

ただし注意点として契約期間によってはオプション料金がかかったり、月間通信量無制限のギガ放題プランでもLTE通信時は上限7GB制限がかかったりします。

 

WiMAXの魅力は高速通信がギガ放題プランならデータ量上限なしで利用できる点なので、ヘビーユーザーはもちろん、データ量の上限を超えて通信制限にかかるのがストレスという場合にもおすすめです。

 

まとめ

プロバイダとはインターネット接続サービスに欠かせない事業者のことで、光回線同様にポケットWiFiでもプロバイダとの契約は必要です。

回線事業者がプロバイダとしての役割を担っているMNOもありますが、ポケットWiFi契約時にはMVNOでインターネット契約をしたほうがメリットは大きいです。

LTE系とWiMAX系どちらのポケットWiFiを選ぶかによってプロバイダも異なりますが、WiMAXのほうが高額キャッシュバックなどのキャンペーン特典が豊富なのでお得に利用したい場合にはおすすめです。

自宅がWiMAX2+の通信エリア内であるかどうかを確認して、料金プランや特典を比較し自分に合ったポケットWiFiプロバイダを選びましょう。